グラフ

少額から始められる

サラリーマン

銀行の金利がゼロに近い現在の状況では、銀行に現金を預けていても資産を効率的に運用することができません。将来の金融状況が読めない現状においては、自分で判断して投資を考える必要があるのです。長期的な視点での投資を考える人に人気なのが、不動産関係の資産に対する投資です。不動産は値幅の変動が株式などの金融商品と異なりゆるやかなので、リスクが低い投資対象として知られています。近年注目される投資対象として、この不動産を投資信託にしたリートが注目されています。リートとはそもそもアメリカで生まれた仕組みで、多くの投資家から集めた資金で収益物件となるオフィスビルや商業施設、マンションなどを購入し、その賃貸収入や販売して得た収益を投資家に分配する商品のことをいいます。リートとは何かをそもそも知らない人も多いのですが、この商品は収益率がとても良い投資信託であると投資に詳しい人の間では有名なので、投資対象として注目していた方が良いと考えられます。日本でも近年注目されるようになっており、Jリートとは日本版のリートのことを指す用語として知られています。一般的な不動産投資には多額の資金が必要になるため、サラリーマンなどお勤めをしている人が手を出すことには高いハードルがあると考えられますが、リートなら少額から投資を始めることができるといったメリットがあります。年金などの社会保険制度に対する不安が高まる昨今においては、リートとは何かということをしっかりと調べて、安定的な収入源を確保することが望ましいと考えられます。